【温暖な南フランスの可愛らしい村々と花いっぱいのミモザ街道へ】 2020年2月日本発

2020/01/20 14:38:04
タイプ
南仏旅行@ 最新情報。
メールアドレス
エリア名
他のエリア , HYERES
最寄駅
HYERES

2020年、遂行決定!日本発着・2月はミモザの花を南仏に見に行こう!

イエールにも連泊【日本発着ツアー・温暖な南フランスの可愛らしい村々と花いっぱいのミモザ街道へ】

花があふれるイエールやミモザ村など美しい村や町へ、人気添乗員木村さんとゆく旅をご案内。イエール、ニースなどでゆったり連泊。

ワールド航空サービス様主催ツアー、南フランス黄色い花が鮮やかなミモザ街道を観光《春ミモザとミモザ街道の旅【9日間の旅】》がおすすめです。

2月の温暖な南仏は春を告げるミモザの黄色い小さな花々が咲き、風景はすでに春の気配が漂い華やかで活気があります。 イエールでは歴史ある旧市街の石畳の町並み散策、オレンジ色屋根の旧市街を一望、コートダジュールと言う言葉が生まれた美しい海と半島を観光という、南仏の魅力が一度にご覧いただける素晴らしい旅行コースとなっております。

日本語で安心南仏旅行、この機会に是非お越しください。

お申し込み、ツアーの詳細については直接主催旅行会社ワールド航空サービス様にお問い合わせください。https://www.wastours.jp/tour/d/ET108T_20K.html

【南仏イエールまでのアクセス】

南フランス・イエール。 モダニズム建築 ヴィラノアイユ。1920年代のノアイユ子爵夫妻邸宅。海、旧市街、塩田湿地帯、庭園 が一望出来る高台にあり無料公開中。ブーゲンビレアの花と、ポルクロル島と現代アート美術館、朝市や中世の町並み。南仏の魅力がいっぱいの町。

年間約300日以上が晴天の太陽がふりそそぐ、歴史が感じられる中世の名残の石畳の町並み、活気ある朝市や蚤の市、そして楽園の島々と呼ばれるイエール諸島。南仏コートダジュールの始まりの地、イエールへ是非お越しください。

パリから飛行機で1時間20分、電車で4時間半の所要時間。
最寄り駅はイエール駅(HYERES)フランス国有鉄道のチケット予約サイト 
https://www.oui.sncf/

最寄り空港はトウーロン・イエール空港(TOULON-HYERES AIRPORT)
エールフランス航空サイトで航空券を日本語で予約できます。
https://www.airfrance.co.jp/

観光に便利な駅前HOTEL IBIS STYLESには日本人スタッフが勤務中です。ホテルの詳細とご予約は下記のページからどうぞ。宿泊代金には朝食代も含まれています。
https://www.accorhotels.com/ja/hotel-A0A9-ibis-styles-hyeres-centre-gare/index.shtml?dateIn=&nights=1&compositions=1&stayplus=false#origin=ibis

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/
twitter https://twitter.com/hyeres83400
Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres ;
アメブロ https://ameblo.jp/bonjour-hyeres

イエールの地図など観光資料は下記からダウンロード出来ます。
https://www.hyeres-tourisme.com/guide-pratique/brochures/

M2
M1
M3
記事No. 9142

パスワードを入力してください